営業案内

千葉エリア

千葉は、横浜・川崎・東京とならび東京湾を包囲する東のポイントとして東京湾ネットワークの一翼を担っています。 Sankyoは千葉エリアに6ヵ所の拠点を設け、本船荷役、輸出入、通関、保管、配送等を行っております。

千葉エリア

●京葉地区

Sankyo京葉地区は東京と千葉の中間に位置する為、地の利を生かした物流基地として、また関東北部への物流拠点として機能しており、本船接岸バース、保税倉庫、トラック台貫を備えた施設です。中でも建築用木材は邸別のピッキング、配送まできめ細かいサービスで、お客様の物流効率化に貢献しています。

船橋中央倉庫
外貿バースに接した保税倉庫を保有し、輸出入貨物の本船荷役から保管まで一貫作業を行っています。

●茜浜地区・新港地区

茜浜地区・新港地区は車輛ターミナルとして車輛船の陸揚げ・船積み・仕分けをはじめ、ラック倉庫内の横持ち業務を行っています。

千葉中央港
千葉中央港は総トン数12,600トン積載2,000台積みの大型車輛船による車輛の陸揚げ・船積み作業を行い、また24,000㎡の車輛保管ヤードを有し揚げ積み保管の一貫作業を行っています。

●千葉地区

千葉地区は5,000㎡の置き場を保有し、現在木材のストックヤードとして、また車輛の一時保管場所として全面舗装及びテント倉庫4棟(480坪)を2009年6月に完成し、木材のストックヤードとして活用しております。