営業案内

東北エリア

●仙台地区

仙台港は臨海型工業の開発拠点としての役割に商業港としての機能を加え1971年に開港され、公共埠頭(21バース)、フェリー岸壁等専用埠頭(24バース)を有する東北地方を代表する流通拠点です。京浜港との間に内航フィーダーコンテナ船、名古屋港・苫小牧港との間にフェリーが就航しています。また、外港として直接世界各地への輸出入が可能で、北米、アジア等との間にコンテナ船航路が拓かれています。
Sankyoは、仙台港から程近い一角に物流施設「Sendai Distribution Center」(延床面積約9,924㎡)を保有しております。仙台東部道路等へのアクセスも良く立地に恵まれ、物流基地として木材製品、冷凍水産物、一般貨物等輸出入貨物のコンテナ荷役をはじめ、通関、保管、配送まで一貫物流サービスをご提供いたします。

東北エリア